Manhattan Project for a Nuclear-Free Worldshut-down-IP
topcover2homehomeabout usmailfacebooktwiteer
facebook twitter about us facebook twitter home about us


shishido-title

We, the undersigned, represent a coalition of concerned peace organizations and citizens of the United States who are advocating the importance of abolishing nuclear weapons globally, toward a more peaceful world. We are gathering here, in front of the office of the Consulate General of Japan in New York, with a bouquet of flowers to express our sincere regrets and apologies for the deaths of those killed by our nation’s atomic bombings in Hiroshima and Nagasaki, a war crime and crime against humanity, although our government has never apologized. We wish to extend our deep condolences and apology to those atomic bomb survivors (Hibakusha) who have endured great mental and physical hardships for over seven decades as a result of the horrific bombings.
   First, we appeal to Japan to play a leadership role in supporting and promoting the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons, adopted by the UN on July 7, 2017 with overwhelming support from 122 member states. It states clearly the prohibition from developing, testing, producing, manufacturing, transferring, possessing, stockpiling, using or threatening to use nuclear weapons. We urge that the Japanese government act in a timely fashion to complete the domestic legislative process, so that Japan can sign and ratify the treaty soon after it opens for signature at the UN in New York this September.
   After more than seven decades of nuclear deterrence policy, the global consensus undeniably agrees that the world has become more dangerous under such a policy. 122 member states clearly showed their common ground that peace cannot be achieved by the existence of nuclear weapons. We promise to keep raising our voices to press our own government, and call for signing and ratifying the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons, agreeing to begin to remove all the existing nuclear weapons from operational status and destroy them in accordance with this international document.
   In addition, we are deeply troubled by the security implications of Japan’s stockpile of 48 tons of separated plutonium in conjunction with the start-up of Rokkasho Reprocessing Plant, scheduled for late 2018, which will have an estimated capacity to separate up to an additional 8 tons of plutonium annually. Such a large stockpile of separated plutonium is a proliferation threat as well as a target to nuclear terrorism and could become a grave environmental disaster if another nuclear accident happens.
   The reprocessing of spent nuclear fuel requires excessive costs. It has serious environmental concerns and safety risks to workers and local citizens, as we have seen at the Hanford Nuclear Site in the United States.
   On July 17, 2018, the US-Japan Nuclear Energy Cooperation Agreement will mature. It will be automatically extended unless either the US or Japan notifies the other country six months prior to termination. We are deeply worried about the extending of this Agreement, and its impact on the security of the Northeast Asian region and the rest of the world.
   Instead of extending the US-Japan Nuclear Energy Cooperation Agreement, we propose the US and Japan jointly cooperate to: (1) Discuss alternative energy policies; (2) Implement nuclear-free policies; (3) Review issues associated with Japan’s existing stockpile of 48 tons of separated plutonium and analyze ways to store them safely and securely with independent third-party experts and all stakeholders, including those whose lands and waters are being put at risk; (4) Conduct risk assessment and comprehensive reviews on reprocessing spent fuel in Japan; and, (5) Supply and exchange information and technology on how to contain and monitor Japan’s plutonium stockpile and radioactive waste materials from nuclear facilities and nuclear accidents in order to keep them out of the food, water, air, and land of local citizens for future generations.
   Victimized by the use of atomic bombs, Japan has also been a victim of the world’s worst nuclear power plant accident since Chernobyl, suffering from massive radiation leaks that have spread well into the Pacific Ocean; the evacuation of more than 150,000 people, most of whom haven’t yet been able to return home; and a rise in thyroid cancer among children, among some of the known adverse effects. The use of nuclear technology, whether military or civilian, comes with enormous risks and incalculable consequences. Effective global nuclear disarmament will not be possible as long as we allow commercial uses of plutonium and highly enriched uranium.
   Finally, your constitution has an inspiring introduction clause which recognizes that “all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.” Japan has learned the benefits of a strong culture of peace, while the U.S. increasingly moves toward the economy of war. Article 9 of your peace constitution is more powerful and honorable than the possession of nuclear weapons. It is more persuasive than the policy of nuclear deterrence or a reliance on a “nuclear umbrella.”
   Thus, our coalition calls on Japan to protect its peace constitution, discard its military reliance on the U.S. nuclear umbrella, and say NO to the extension of the US-Japan Nuclear Energy Cooperation Agreement in order to build a more humane and safer world, one free from the terror and fear of nuclear weapons.

No more Hiroshima, No more Nagasaki,
No more War, No more Hibakusha, Never Again!

Dated: August 4, 2017
Co-signed by:
Brooklyn for Peace, Catholic Worker NYC, Coalition Against Nukes, Council on Intelligent Energy & Conservation Policy (CIECP), Global Network Against Weapons & Nuclear Power in Space​, Granny Peace Brigade, International Action Network on Small Arms, Nuclear Age Peace Foundation, NYC War Resisters League, Pax Christi Metro NY, Peace Action Fund of New York State, Peace Boat US, Radiation Exposure AwarenessCrusaders for Humanity-
Marshall Islands, The Ribbon International, Veterans for Peace (National), Veterans for Peace - Chapter 34 (NYC), The NGO Committee on Sustainable Development-NY, The NGO Committee on Disarmament, Peace and Security, Manhattan Project for a Nuclear-Free World, Beyond Nuclear

Endorsed by:
Cora Weiss (UN Representative of the International Peace Bureau), Carol Reilley Urner (​Emerita, national DISARM/End War Issue Committee of Women’s International League for Peace and Freedom, US Section), Norma Field (Author and emeritus professor of East Asian studies at the University of Chicago), Ann Wright (retired United States Army colonel), Barry Ladendorf (president of Veterans for Peace), Tarak Kauff (board member of Veterans for Peace), Bruce K. Gagnon (Global Network Against Weapons & Nuclear Power in Space), Regis Tremblay (independent filmmaker), Will Griffin (Peace Report, board member of Veterans for Peace), Mariko Bender (Child Advocate, WNSCR, Westport for Japan), Anthony Donovan (author/filmmaker), David McReynolds (former chairperson of WRL International), Priscilla Star (Coalition Against Nukes), Desmond Narain Doulatram (Radiation Exposure Awareness Crusaders for Humanity-Marshall Islands)

Contact info: Veterans For Peace-Chapter 34 (NYC)
P.O. Box 8150, New York, NY 10116-8150

2017pic1

核問題に憂慮する米国の市民ならびに米国の
平和団体から 日本の市民への公開書簡
—日本に対する原爆投下から72周年という節目を迎えて—

私達は核問題に憂慮するアメリカの平和団体と市民の連携グループです。より平和な世界を目指してこの地球上から核兵器を廃絶することの重要性を訴えています。私たちの政府は今まで謝罪をしていませんが、我が国による戦争犯罪であり人道に対する罪である広島と長崎の原爆投下によって殺された方々へ、遺憾と謝罪の意を心からこめて慰霊の花束を捧げるために、ここニューヨーク日本総領事館の前に集まりました。残酷な原爆被害により70年以上に渡って精神的及び身体的苦難を受忍せざるを得なかった被爆者の方々へも、謹んで心よりお見舞いとお詫びを申し上げます。
   まず最初に、122か国から絶賛され2017年7月7日に国連で採択された核兵器禁止条約を支持し、推進するために、日本政府がリーダーシップを発揮することを求めます。核兵器禁止条約は、核兵器を開発、実験、生産、製造、移転、保有、保管、使用、または使用の威嚇を行うことを明確に禁止しています。私達は日本政府に対し、この9月にニューヨークの国連本部で核兵器禁止条約の署名が開始され次第、日本が条約の署名と批准ができるよう、国内の行政手続きを速やかに完了するよう求めます。
   70年以上も続いた核抑止政策によって、世界はより危険になったというのが世界的に一致した意見です。核兵器の存在によって平和は達成できないと122か国は明確に示しました。アメリカ政府が核兵器禁止条約に署名と批准をし、条約に基づいて現存する全ての核兵器を機能する状態から撤去し、処分することに合意するよう求めるために、私達は声を上げ続けることをここに約束いたします。
   また、私達は日本の48トンにのぼる分離プルトニウムの備蓄の安全保障への影響と、追加で年間推定8トンのプルトニウムを分離する機能を持つ2018年末に稼働予定の六ヶ所再処理工場に関して、非常に懸念しております。そのような大量の分離プルトニウムの備蓄は核拡散や核テロリズムの標的になる脅威があり、また核施設や原発で事故が起こった場合は深刻な環境災害になりかねません。
使用済み核燃料の再処理には過剰な経費を必要とします。アメリカのハンフォード核施設で見られるように、深刻な環境への影響や作業員や地元の市民の安全上の問題があります。
   2018年7月17には日米原子力協定が満期になります。アメリカか日本が終了の6か月前に相手国へ通達しない限り、協定は自動更新されます。私達はこの協定の更新が北東アジア地域と他の世界の安全に及ぼす影響について深刻に心配しています。
   日米原子力協定を更新する代わりに、私達は日米が共同で以下のことに協力することを提案いたします。(1) エネルギー政策の代替案について議論すること、(2) 核や原子力に頼らない政策を導入すること、(3) 日本に現存する48トンもの分離プルトニウムの備蓄に関する諸問題を見直し、それらの保管に伴い影響を受ける土地や水を所有する市民らを含む関係者や独立した第三者の専門家と共に、安全で確実に保管できる方法を分析すること、(4) 日本の使用済み核燃料の再処理に関するリスクの分析と総合的な見直しを行うこと、(5) 地元の市民と将来世代の食材、水、空気、及び土地が、日本のプルトニウム備蓄と原発事故や核施設からの放射性廃棄物によって汚染されないよう封じこみ、監視するための情報や技術の供給と交換を行うこと。
   原爆の犠牲国になっただけではなく、日本はチェルノブイリ以来最悪の原子力発電所事故の犠牲にもなりました。その事故により深刻な放射能漏れが太平洋にまで広がり、約15万人の市民が避難を余儀なくされ、その多くは未だに自分の家に帰ることもできず、さらに事故による悪影響として子どもの癌の発症率が増加の傾向にあります。軍事用、民間用にかかわらず、核技術の使用には膨大なリスクと予想外の莫大な結果が伴うものです。プルトニウムと濃縮ウランを商業用に使用することを許す限り、全世界から効果的な核廃絶はあり得ません。
   最後に、みなさまの憲法には「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」という奮起を促す前文があります。日本は揺るぎない平和の文化がもたらすことの強みを学びましたが、アメリカは強大な戦争産業の経済へと急速に向かっています。核兵器の保有よりも、核抑止政策よりも、そして核の傘の下に依存することよりも、みなさまの平和憲法の第九条はもっともっと威力があり名誉があるのです。
   ですから私たちは、核兵器の脅威の無い人間的で安全な世界を築くため、日本が平和憲法を守り、アメリカの核の傘に依存する体制から脱却し、日米原子力協定の更新に反対するよう心から訴えます。

ノーモア ヒロシマ, ノーモア ナガサキ,
ノーモア ウォー, ノーモア ヒバクシャ, 絶対に二度と!

2017年8月4日
[賛同団体]
ブルックリン・フォー・ピース、カトリック・ワーカー・NYC、コアリション・アゲンスト・ニュークス、カウンシル・オン・インテリジェント・エナジー&コンサベーション・ポリシー(CIECP)、グローバル・ネットワーク・アゲンスト・ウィポンズ&ニュークリア・パワー・イン・スペース、グラニー・ピース・ブリゲード、インターナショナル・アクション・ネットワーク・オン・スモール・アームズ、ニュークリアー・エイジ・ピース・ファウンデーション、NYC ウォー・リジスターズ・リーグ、パックス・クリスティー・メトロ NY、ピース・アクション・ファンドNYS、ピースボート・US、ラディエーション・エクスポージャー・アウェアネス・クルセーダズ・フォー・ヒューマニティー・マーシャル諸島、リボン・インターナショナル、ヴェテランズ・フォー・ピース(ナショナル)、ヴェテランズ・フォー・ピース 第34支部 (NYC)、NGO持続可能な開発委員会NY、NGO軍縮委員会、核の無い世界のためのマンハッタン・プロジェクト、ビヨンド・ニュークリアー


[賛同人]

コーラ・ワイス(インターナショナル・ピース・ビューロー、国連代表)、キャロル・レイリー・アーナー(ウィメンズ・インターナショナル・リーグ・フォー・ピース&フリーダム全国軍縮・終戦問題委員会米国支部名誉会員)、ノーマ・フィールド(作家・シカゴ大学東アジア学部名誉教授)、アン・ライト(元米陸軍大佐)、バリー・レイデンドーフ(ヴェテランズ・フォー・ピース会長)、タラク・カウフ(ヴェテランズ・フォー・ピース理事)、ブルース・K・ガグノン(グローバル・ネットワーク・アゲンスト・ウェポンズ&ニュークリアー・パワー・イン・スペース)、レジス・トレンブリ(独立系映画監督)、ウィル・グリフィン(ピース・レポート、ヴェテランズ・フォー・ピース理事)、マリコ・ベンダー(WNSCR、ウェストポート・フォー・ジャパン、子どもの権利擁護者)、アンソニー・ドノバン(作家・映画監督)、デイビッド・マックレイノルズ(ウォー・リジスターズ・リーグ元会長)、プリシラ・スター(コアリション・アゲンスト・ニュークス)、デスモンド・ナレイン・ドゥーラトラム(ラディエーション・エクスポージャー・アウェアネス・クルセーダズ・フォー・ヒューマニティー・マーシャル諸島)

[連絡先] ヴェテランズ・フォー・ピース 第34支部 (NYC) P.O. Box 8150, New York, NY 10116-8150, USA

訳:井上まり(マンハッタン・プロジェクト・フォー・ニュークリアフリー・ワールド)マンハッタン・プロジェクト・フォー・ニュークリアフリー・ワールドは核問題に憂慮する市民や芸術家、活動家や弁護士によって2012年3月にニューヨーク市マンハッタン区で結成され、核兵器廃絶と脱原発に向けて意識を高めるための社会的な働きかけや、芸術や教育などの平和的な活動に携わっている。


All rights reserved. © 2015-2017 Manhattan Project for a Nuclear-Free World.

Twitter